美容整形の理想と現実の違い

美容整形はなんでも出来るんでしょ?

美容整形は、言葉の通り美しく形を整えることです。一重の目が二重になり、低くて大きな鼻がスッと鼻筋の通った鼻になります。これだけ聞くと、美容整形は自分の理想をなんでも叶えられてしまうのではないかと、錯覚する人もいるのではないでしょうか。
確かに、美容整形は自分のコンプレックスであるパーツを変えることで美しい顔立ちになれます。しかし、美容整形はあくまで元の形を整えるだけです。あまりにも元のパーツと理想のパーツのイメージがかけ離れていると、実現は不可能に近いといってよいでしょう。
皮膚の厚さや脂肪の量、骨格などによって出来る施術と出来ない施術が決まってきます。そのことを前提に置いておかないと、悲惨な結果が待っていることでしょう。

出来ることと出来ないことを、受け入れることが大切

悲惨な結果が待っていると書きましたが、それは現実を受け入れずに理想を追い求め続けた人に待っていることです。1度完成すると、もっともとと望んでしまいます。美しくなりたいという気持ちは素敵なことですが、行き過ぎると顔が崩れる原因になってしまうのです。そして気がつけば、整形依存症になっていたなんて人もいます。
整形依存症にならないためには、ある程度完成したら妥協をすることです。自分のパーツをどこまで整形することが可能なのか見極め、バランスを取ることが大切です。カウンセリングをして医師と相談し、医師の意見をしっかりと聞くようにしましょう。もちろん、良心的な病院の医師であることが不可欠ですが。
美容整形の理想と現実の違いをしっかりと受け入れて、施術にトライしましょう!

© Copyright The Best Cosmetic Surgery. All Rights Reserved.